2014年02月13日

出産祝いのメッセージ

出産祝いのメッセージ…昨日に続き【出産祝いのメッセージ】です

まず【禁句】と言われている使わない方がいい言葉です
結婚式での祝辞の禁句と同様、
出産祝いのメッセージにも避けた方がいい言葉もあります。

出産祝いは新しい【命】の誕生を祝うものです。死や流産を連想させる言葉は禁句です
「苦しい・なくす」などの言葉は避けることはもちろん

死、四、苦、流れる、帰る、破れる、滅びる、落ちる、去る、消える、弱まる、枯れる
等は気をつけたい言葉です。


赤ちゃんの性別についてよかった・悪かったなども、言われて気分のよいものではありません気をつけた方が良いと思います、注意しましょう。

妊婦さんを思いやる言葉
「身体に気を付けてね」
「無理しないでね」など産前産後もママを気遣って言葉をかけましょう!

又こんな言葉もチョットねぇ〜
「いい赤ちゃんを産んでね」
「お産頑張ってね」
又赤ちゃんの性別に関する言葉…「今度は男の子がいいね」
「女の子も一人くらい欲しいね」…など
なんともならない事です…ママの気分を考えましょう!

余談ですが我が娘は嫁ぎ先の舅から
「何人女の子を産んだら気が済むの」と言われて目が腫れるほど泣いてました
何も5人でも10人でもないのに…命を何だと思っているのかパンチ≠オてやりたい!

又、生徒さんの中には(私はフラワースクールを運営しています)…
「どちらでもいいわ元気なら」で「次は跡取りだね」と言われた…と

一昔前、男の子・跡取り・男の子がいれば安泰…なんて時代の話ではないですよ、最近です
家族だからいい、親しい友達だから、親だから…そんな関係に甘えてだす言葉ではない!!
だったら自分で産んでみたら…なにも女性だけで赤ちゃんが授かる訳ではない!

皆様…何気ない一言・気を許している親しい間柄…それでも口に出してはいけない!もっての外!の禁句!心して下さいませ。ママはお産で体力が弱っているのにダメージ与えない事!
と私は言いたい!!

posted by 062 at 00:58| Comment(1) | おむつケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったくその通り、私も言われた!今でもムカつく!!!!
Posted by y at 2014年03月04日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。